知っておきたい健康の診断代行サービスの紹介

生活習慣病を予防するために個人だけでなく、国をあげても注意喚起がされています。その中で2008年度からは、特定健診というものが始まりました。これは市町村など自治体の国民健康保険組合や健保組合などが実施をしているもので、国民の健康を促進するために広く知られているものです。脳梗塞や心筋梗塞などのリスクが高まると言われているメタボリックシンドロームを意識するために、メタボ健診としても知られています。血糖、脂質などを始め、血圧や腹囲の診断結果をもとに、健康を維持していくのにはリスクが高いと思われた場合には、食事の制限や運動を奨励するなどといった特定保健指導を受けることになり、健康に留意した生活へと導かれます。このような専門の機関での特定健診を受けるための代行をしてくれるサービスがあることで、忙しい現代人にとってもより円滑な受診に繋がるのです。

健康への診断を受ける為の代行サービス需要が高まっています

検診を受けた結果、特定保健指導を受けることとなって予後を注意喚起される対象者は、腹囲に関しては男性が85センチ以上、女性の場合には90センチ以上とされています。多くの方が毎年この診断結果によって、その後の健康維持のための指導を受けることにもなりますので、国策としても大いに役立っているとも言えます。これらの検診を便利にスムーズに受けるための代行サービスが存在していますので、企業などをはじめ多くの機関が近年では利用しているのが実情です。特定健診は代行サービスを通じて受けようと思えば、インターネットで探すといくつもの業者が見つかります。国が推奨しているわけですので需要も広がり、多くの業者が参入してきたことで、多くの雇用者を抱えている企業などでは一人一人に対応することが難しいことからも、これら代行サービスを利用して社員の健康維持を目指しているのです。

代行サービスを利用することで健康への診断がスムーズ

社員の健康維持は企業にとっても業績に関わる大切なことですのでフォローをしっかりとしたいと考える企業が多いものです。しかしその反対に、これに関わるだけの時間や人材での負担は企業にとっても負担が大きく、企業の努力だけでは社員の健康管理をすることがなかなか困難でした。特定健診の代行サービスを行っている業者を活用することで、企業と医療機関の間で必要なやりとり業務などを代行してくれますので、企業にとっても負担が減り、大きなメリットとなるわけです。参入している代行サービス業者は様々ですので、会社の規模や必要な検診内容に応じて、かかる費用や提携している医療機関、利用できるオプション、診断後のフォロー内容や手厚さなどから、企業にとっても働く社員にとっても相性の良い業者に依頼をすることが大切です。

ネットワーク健診とHSSのセット導入キャンペーンを行っています。 定型業務のアウトソーシング、業務の見える化、IT化の推進により、産業保健スタッフの働き方改革を実現! 『産業保健プロフェッショナルカンファレンス』開催。 弊社営業担当が全国の企業・健康保険組合に伺います。 全国47都道府県(一部離島含む)に拡がる提携医療機関ネットワークにおいて健診を受診いただきます。 健康診断代行はウェルネス・コミュニケーションズ