健康の状況を診断する代行サービスのメリット

健康の状況を診断する代行のサービスとは何でしょう?労働安全衛生法による健康の診断は、その第66条1項で「事業者は、労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、医師による健康の診断を行なわなければならない。」 と規定されています。会社は社員に健康の診断を受けさせる義務があります。しかし、社員にとって健康の診断は仕事の1つであまり関心がないのも事実でしょう。多くの社員は健康の診断の必要性は認識していてもついつい後回しにして会社から催促されることが多いのも事実です。つまり、多くの社員は健康の診断を有効活用していません。健康の診断を代行するサービスはそんな状況を変えてくれます。代行サービス会社の最大の強みはたくさんの医療機関とのネットワークです。医療機関の予約で悩むことはもうありません。また、社員の受診状態をすぐに把握でききめ細かなサービスで健康に対する意識の向上が期待できます。

いつまでも健康な身体でいるためには?

いつまでも健康な身体でいるためには何よりも定期的な健診が欠かせません。会社が行う健康の診断よりも代行サービスの方がより良い結果が得られます。理由はシンプルで会社は健康の診断が本業ではありません。代行サービスは健康の診断が本業です。つまり、プロに任せれば良いのです。全国に1000以上のネットワークと医療機関がどの代行サービスにもあり、希望する医療機関で社員は健診が受けられます。これは非常に社員にメリットがあります。会社独自で健診を実施すると医療機関が限定され社員が受けたい健診のメニューが受けられない場合や会社や家から遠くの医療機関に行かなければならない場合があります。また、健診を土日には実施していない機関もあるので、休みをとって健診を受けなければならない場合もあります。これらの問題を代行サービスでは解決できます。健診の内容も年齢、職種や役職別にきめ細かな健診が用意されています。

健康の診断の代行サービスのメリットは?

健康の診断の代行サービスの最大のメリットは、会社は本業に集中することができ、なおかつ社員が健康になれることです。心身ともに健康な社員は会社にとってとても貴重な財産です。代行サービスの内容ですが、都市部では充実した施設型のサービスが大変便利です。充実した設備があり業種や年齢層に合わせたサービスが提供できます。問診票は統一したものを使用し結果は全てオンラインで管理します。医療機関による差異はありません。結果に対する問い合わせも受け付けます。2次検査の案内や健康に対するアドバイスも実施します。地方で健康の診断を実施できる医療機関が近くにない場合は巡回型のサービスも実施します。健診車を使い健診スタッフ、機材、会場の手配全てにおいて対応可能です。1社だけでも複数会社による合同でも巡回型で健診が可能です。健康の診断を代行でアウトソーシングすることはもはや「常識」の域に来ています。