健康を診断の代行サービスはこんな利便性もある

まず健康診断代行サービスとは、企業等の組織向けに健康診断の業務を一括に代行し、利用し始めてからの検診結果をデータとして集約して分析するサービスのことです。大企業で当たり前になってきた健康診断の代行サービスですが、一体どのようなメリットがあるのかいくつか挙げたいと思います。まず従業員の健康診断の予約をしてくれるので、日程を調整する手間を省くことができ、その分本来の仕事に集中することができます。医療機関によってフォーマットが違うのをまとめて、費用を請求してくれます。そして、問診表が統一されていてまとめて管理してくれるので、経年身体の変化を確認することができます。また、全従業員の受診状況を把握することにより、受診されていない方に対して検診を推進していく目的もあります。

健康診断代行サービスの業務の流れ

健康診断代行サービスの流れとしては、企業がサービス会社に申し込みをし、サービス会社から受診者に健診案内が届きます。希望日時を返信して日程と医療機関を決めて予約します。集団受診ですと、企業から受診者に希望日を聞かずに日程を通知する企業もあります。受診者に予約が確定した通知をお知らせし、当日に健診を受けます。医療機関から受診者とサービス会社に検査結果が通知され、サービス会社がデータ化して管理します。医療機関とサービス会社のやりとりで健診費用を決定し、企業に一括請求される仕組みになっています。受診者は希望日時を書くだけで健診を受けることができるのでとても便利なサービスです。企業側も、日時の調整やデータ管理の手間が省けるので、企業も受診者もメリットがあるサービスです。

健康診断代行サービスのプランについて

検診のプランとしては、基本的な血液検査、身体測定、検尿、胸部レントゲン、聴力、視力、問診、検便等に加え、がん検診、認知症ドック、生活習慣病、女性用の検診等を取り入れているプランがあります。会社によって取り扱っているプランが違うので、ホームページ等で確認する必要があります。最近ではストレスチェックを導入する会社が増えてきており、うつ病等の精神疾患を早期発見することにより、産業医面談を行なったり職場の環境を良くしたり、従業員が休職しても早く社会復帰できるように対策するサービスを行なっている会社もあります。資料請求できる会社がほとんどなので、気になったら問い合わせてみましょう。このような便利な代行サービスをうまく利用して、健康診断を定期的に受け、自分の体調としっかり向き合いましょう。